1.アセットミックス ファンドの運用コンセプト

(1)アセット・ミックス戦略

 ①多彩な値動きの資産(アセット)を組み合わせ(ミックス)て運用します。

  

 ②投資対象は、株式、債券、不動産リート、社会インフラ・ファンドや仮想通貨など主に国内の金融商品としています。

 

 ③アセットミックス戦略を採ることで、真の分散投資が実現可能になります。 

 

(2)リスクリターン・ミックス戦略

 ①ハイリスク・ハイリターンのグロース資産にアップサイドリターンを目的として一部分を投資します。

 

 ②ミドルリスク・ミドルリターンのバリュー資産に安定収益獲得を目的として大部分を投資します。

 

 ③リスクリターン・ミックス戦略を採ることで、市場平均以上の投資パフォーマンスが実現可能になります。

 

2.アセットミックス ファンドの運用特徴

(1)法人・自己資金での運用

 ①法人格での運用のため、個人資金とは分別運用されます。

 

 ②他人資金での運用を行わないため、金融商品取引法などの煩わしい法規制を受けないで済みます。

 

(2)現物取引・リスク限定安定成長での運用

 ①信用取引、先物・オプション(OP)取引などのレバレッジはかけないため、リスクが限定されます。

 

 ②期待リターン(約30~50%)の獲得により、クロージング(早期償還)します。 

 

(3)バイ・アンド・ホールドでの運用

 ①10銘柄程度に長期分散投資を行い、企業の中長期成長力や復活力に投資します。 

 

 ②日々の株価変動という雑音(ノイズ)に一喜一憂しないで済みます。 

 

3.アセットミックス ファンドの投資アプローチ

(1)日本株・中小型・割安株への集中投資

 ①情報の少ない海外投資は控え、情報が豊富に入る日本株に集中投資します。

 

 ②主に、東証1部・2部の中小型銘柄に現物投資します。

     ※玉石混合の新興市場であるJASDAQ・マザーズ銘柄への投資は控えます。

 

 ③PBR1倍割れ、PER一桁台の割安銘柄に好んで投資します。

 

(2)配当利回り3%以上の安定配当銘柄への選別投資

 ①安定して継続配当している銘柄へ投資いたします。

 

 ②配当利回り3%以上の高配当銘柄へ選別投資します。

 

(3)株主優待実施銘柄への積極投資

 ①隠れ配当といわれる「株主優待」を積極的に実施している銘柄へ積極投資します。

 

 ②内需系の卸小売・サービス・情報通信株が投資の中心となります。

 

~注意事項~

当ファンドは少額投資ロットとなっておりますが、実際の関与先ファンドは10~30倍規模での運用が多くなっています。

あくまでも「じぶんファンド」のイメージとしてご参照ください。

スポンサーリンク