1.じぶんファンドとは!?

(1)特色

①個人形態で行っている投資事業を法人化して行うことです。

 

②法人化には合同会社形態をおすすめします。

 

③「じぶんファンド」スキームを活用して、老後の「じぶん年金」を形成できます。

 

(2)設立ハードルは低い

①法人化を合同会社形態で行えば、株式会社ほど設立費用はかかりません。

 

②自力設立や当社依頼の場合、7万円(ほぼ法定費用のみ)もあれば設立できます。

 

③サラリーマンやOLでも「じぶん会社」を設立できます。

 

(3)メリットとデメリット

①「じぶんファンド」の設立には多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

 

②通常の場合、デメリット(運営コストなど)よりもメリット(節税コストなど)の方が大きいといえます。

 

2.シミュレーションの必要性

(1)設立メリットの確認

①設立(法人化)メリットは、シミュレーションを通して数値で確認すべきです。

 

②ファンド運営期間をどのくらいに設定するかで結果は変わります。

 

③ファンド事業のほかに、一般事業も運営(兼営)するかで結果は変わります。

 

(2)シミュ―レーションをご支援します

①節税メリットと運営コストの比較が最重要で、節税メリット>運営コストとなる必要があります。

 

 

②シミュレーションにお困りの際は、当社提携税理士事務所をご利用いただけます。 

 

3.ネット証券会社の利用

(1)低コスト&高いネット親和性

じぶんファンドの運営には、ネット証券会社の利用が適しています。

(2)ネット証券会社の法人口座開設

ネット証券は自分にあった会社を選びます。

 

・SBI証券

・楽天証券

・カブドットコム証券

・マネックス証券

 

スポンサーリンク